日程:2018.5.14(月)-5.19(土)/会場:筑豊ハイツ・筑豊緑地テニスコート

ごあいさつ

第33回飯塚国際車いすテニス大会によせて

大会会長 前田恵理

大会会長 前田恵理

今年も世界15か国1地域より102名の選手をお迎えして「第33回飯塚国際車いすテニス大会」が開催できます事を、大会関係者を代表致しまして心より厚く御礼申し上げます。

昨年はリオデジャネイロパラリンピックが開催され、多くの日本人選手が活躍されました。また車いすテニスにおきまして、上地結衣選手が日本人女子初となるメダルを獲得されました事は、2020年東京パラリンピックへの大きな希望へ繋がったと確信しております。
そして本大会は上地選手において5連覇のかかった大会となりますので、ぜひ会場へお出掛けいただき、白熱した世界トッププレーを間近で観戦応援いただきますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、大会の開催に深いご理解とご支援を頂いております行政の皆様、企業の皆様、地域の皆様、ボランティアの皆様に心より感謝を申し上げ、開会のご挨拶とさせて頂きます。

 

For the JAPAN OPEN 2017

Director Eri Maeda

Firstly, on behalf of the JAPAN OPEN organization, I would like to express our gratitude to everyone.
It’s our great pleasure to hold the JAPAN OPEN 2017 with 102 players from 15 countries and a province this time.

Last year, in the Olympics and Paralympics in Rio de Janeiro many Japanese players played an active part, and Yui Kamiji got the first medal as a Japanese woman wheelchair tennis player. Needless to say, that was a great hope for Tokyo Paralympics in 2020.
Furthermore, this championship features 5 straight victories for Yui Kamiji, so I would like you to come support our fellow athletes and come watch the matches. They will be exciting and heated matches by world top players.

Lastly, I would like to express our deep appreciation to the civil service, companies, volunteers and people in the community for supporting the chance to hold the JAPAN OPEN.

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © JAPAN OPEN - 飯塚国際車いすテニス大会 All Rights Reserved.