大会について

飯塚国際車いすテニス大会の歩み

飯塚で国際車いすテニス大会が開催されるようになったきっかけは、労働福祉事業団(現・独立行政法人労働者健康安全機構)総合せき損センターにおいて、脊髄損傷者のリハビリとして車いすテニスが導入されたことです。
総合せき損センターは、脊髄損傷の専門病院として救命救急の初期治療から患者の社会復帰まで一貫した医療を行っています。
1982年に車いすテニスが日本で紹介されると、いち早くそれを採り入れ、患者のリハビリに導入しようとしたのが、総合せき損センターのソーシャルワーカーでした。翌1983年には総合せき損センターの体育館において本格的に車いすテニスの練習が始まりました。福岡県だけでなく、隣県の山口、佐賀、熊本などからもはるばる練習に来る人も出てきました。
1984年に九州車いすテニスクラブが発足し、翌1985年に九州車いすテニスクラブと地元・飯塚ロータリークラブの主催により、第1回の飯塚国際車いすテニス大会が開催されました。飯塚で練習していた選手がハワイの大会に出場したことがきっかけで第1回目から国際大会を開催、大会名誉会長 故三笠宮寛仁親王殿下ご臨席の下、海外から14名の選手が参加しました。
1986年には日本初の車いすテニス協会となる九州車いすテニス協会を設立、2004年にはNPO法人となり、現在に至るまで、官公庁、企業、各種団体、学校、そして個人の皆さんに至るまで、たくさんの人々と共に毎年大会を支えています。

飯塚国際車いすテニス大会の始まり

飯塚国際車いすテニス大会物語車いすテニス大会の始まりが漫画になりました!
車いす使用者がスポーツを行うことにまだまだ理解が得られなかった1980年代。
そんな風潮に敢然と立ち向かった男たちがいた。
彼らが社会復帰のリハビリのために採り入れた車いすテニスはやがて車いすテニス世界6大大会の1つ、Japan Openへと発展していく。

詳しくはこちら

Japan Openの紹介ムービー

外務省海外広報の日本の文化を紹介するYoutubeチャンネルにJapan Openが紹介されています!

飯塚国際車いすテニス大会のグレード


1990年の第6回大会で飯塚国際車いすテニス大会は世界ランキング認定大会に指定されました。2004年の第20回大会で飯塚国際車いすテニス大会はスーパーシリーズに格上げされ、現在世界6大大会の一つ、アジアでは最高峰の国際車いすテニス大会となっています。高いポイントを獲得するため、毎年世界約15か国から100名程のトッププレイヤーが参戦しています。
2018年の第34回大会では、障がい者スポーツ初となる「天皇杯・皇后杯」が下賜されました。

大会グレード

飯塚国際車いすテニス大会のボランティア

飯塚国際車いすテニス大会は、毎回延べ2,000名を超すボランティアが大会の運営支援に当たっています。官民一体となり、ボールパーソン、会場整備、輸送、メディカル、食事サービス、通訳、駐車場誘導といった様々な仕事を引き受け、大会を支えています。また、陸上自衛隊飯塚駐屯地の隊員が、会場設営や選手の送迎などの支援を行ったり、新人研修の一環として企業からボランティアが派遣されたりと、地域挙げてのホスピタリティーあふれる運営方式は「イイヅカ方式」と呼ばれるようになり、ITF(国際車いすテニス連盟)や世界各国から集まる選手たちに高い評価を受けています。

ボランティア数・観客数
ボランティア数 観客数
2010 第26回 約2000名 約2000名
2011 第27回 約2000名 約2000名
2012 第28回 約2000名 約3000名
2013 第29回 約2000名 約1500名
2014 第30回 約2000名 約1500名
2015 第31回 約2000名 約5000名
2016 第32回 約2000名 約3000名
2017 第33回 約2000名 約3000名
2018 第34回 約2000名 約6200名

沿革

1976年 アメリカ カリフォルニアで車いすテニスが始まる。
1982年
  • 車いすテニスが神奈川県・大阪市・福岡県飯塚市で紹介される。
  • 国際障害者レジャー・レクレーション・スポーツ大会(於:愛知県蒲郡市)で外国選手と対抗試合。
1983年 脊髄専門病院・総合せき損センター(飯塚市)の体育館において車いすテニスの練習が始まる。
1984年 九州車いすテニスクラブ設立(会長:角田信昭)
1985年
  • 4月12日~14日 飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニスクラブ、飯塚ロータリークラブ)
  • 日本で初めての車いすテニス・クリニックを開催
1986年
  • 九州車いすテニス協会を設立(会長:麻生 泰)(日本初の車いすテニス協会)
  • 5月23日~25日 第2回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会、以後同協会が主催となる)
1990年
  • 5月23日~27日 第6回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 世界ランキング認定大会に指定される。
  • 全国身体障害者スポーツ大会(福岡国体)で車いすテニスが公開競技種目となる。
1992年 筑豊ハイツに車いすトイレと車いすで使えるシャワー室が完成
1994年
  • 5月25日~29日 第10回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 10回記念事業として、フォーラム、コンサート、テニス・クリニックを開催
  • 10回記念事業としてテニス・キャンプを開催(目的:アジアの車いすテニスの技術向上と車いすテニス指導者の育成)
2002年
  • 5月15日~19日 第18回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 日本人初の快挙 斎田悟司選手優勝
  • ジョン・グリア選手(米)クリスティン選手(英) 筑豊ハイツにて挙式催
  • 飯塚国際車いすテニス大会創設者の一人、星野治氏(51歳)逝去
2003年 2月 西日本スポーツ賞(体育功労賞) 受賞
2004年
  • 1月 特定非営利活動法人承認される。NPO法人九州車いすテニス協会として新スタート(理事長:麻生泰)
  • 5月11日~16日 第20回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • スーパーシリーズに昇格
  • 11月 角田信昭氏(前大会実行委員長)ソロプチミスト財団社会ボランティア賞受賞
2006年
  • 飯塚国際車いすテニス大会サポーターズクラブ導入
  • 5月16日~21日 第22回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 男子シングルスで、国枝慎吾選手が初優勝
2009年
  • 5月8日 25周年記念シンポジウム開催
  • 5月19日~24日 第25回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 決勝戦をインターネットで生中継
2013年
  • 5月29日~6月2日 第29回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 女子シングルスで、上地結衣選手が初優勝
2014年
  • 5月13日~18日 第30回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 30周年記念シンポジウムを開催
  • 男子シングルスで国枝慎吾選手、女子シングルスで上地結衣選手が優勝
2016年
  • 3月 九州車いすテニス協会 福岡県知事賞 受賞(車いすテニスの普及・振興等)
  • 5月17日~22日 第32回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 10月 九州車いすテニス協会 文部科学大臣賞 受賞(スポーツの普及・振興)
2017年
2018年
DutchEnglishGermanJapaneseKorean
日本車いすテニス協会
九州車いすテニス協会
シーズアスリート
最近の記事 おすすめ記事
  1. 飯塚国際車いすテニス大会の始まり
アーカイブ
PAGE TOP