ご挨拶

大会会長 ごあいさつ
大会会長 ごあいさつ

第35回飯塚国際車いすテニス大会開催によせて

今年も世界18ケ国1地域より106名の選手をお迎えして「天皇杯・皇后杯 第35回飯塚国際車いすテニス大会」がたくさんの方々のご理解とご支援により開催できます事を心より感謝申し上げます。

昨年は本大会の男子優勝者に天皇杯、女子優勝者に皇后杯をご下賜いただき、長きに亘って「イイヅカ方式」にご理解とご支援をいただきました皆様とともに、この上ない喜びを頂戴致しました。

さて、今大会はクアードクラス優勝者に「文部科学大臣杯」を授与頂くことが決まりました。
また、施設におきましては、筑豊ハイツメインコートに新しく常設の観戦スタンドが完成致しました。より素晴らしい施設で大会が開催出来ます事を、飯塚市を始めと致します関係各位に心より深く感謝を申し上げます。

今年も例年通り各クラスに世界ランキング上位選手がエントリーし、熱戦が予想されます。
参加者の特徴と致しましては、初参加の選手が18名(海外9名、国内9名)エントリーしていること、ジュニア(18歳以下)が12名エントリーしていることです。最年少の12歳の選手はセカンドクラスに参戦します。
世界のトップ選手が参加する国内唯一のジャパンオープンを若い選手が経験し、更なるレベルアップを図り、世界へ羽ばたいて行かれる事を期待します。

来年に迫りました東京2020年パラリンピックを前に、世界ランキング1位の国枝慎吾選手の活躍と上地結衣選手の本大会7連覇が期待されます。皆様にも白熱した世界トッププレーを間近で観戦・応援いただきますようお願い申し上げます。

最後になりましたが、大会開催に多大なご支援を頂いております行政の皆様、企業の皆様、地域の皆様、ボランティアの皆様、陸上自衛隊飯塚駐屯地の力強いご支援に深く感謝を申し上げ、開会のご挨拶と致します。

DutchEnglishGermanJapaneseKorean
日本車いすテニス協会
九州車いすテニス協会
シーズアスリート
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP