新着情報/What’s New

大会期間中(4月23日~28日)の取材上のご注意

報道各社のみなさまへ

本大会へのご取材、誠にありがとうございます。
ご取材の前に、下記事項をお読みになり、規則に従ってご取材方お願い申し上げます。

  1. できるだけ大会前に事前申請を大会HPより行ってください。IDパス作成等、事前登録致しますので受付がスムーズです。https://japanopen-tennis.com/all-media
    当日でも申請を受け付けますが、混雑し、お待たせする場合がありますこと、予め御了承ください
  2. 報道専用駐車場は大会側ではご用意できません。今年は工事が多く、選手・観客用駐車場確保にご協力くださいますようお願い致します。また、緑地プール前の駐車場は、プールのお客様及び工事関係者専用の駐車場ですので、決してお停めになりませんようお気をつけ下さい。
  3. 当日は、メディアテントにお越しください。メディア担当よりIDパスをお渡しします。
  4. 筑豊ハイツメインコート(No.1~No.3)の撮影は、決められた場所から撮影をお願い致します。
    (※添付ご参照)
  5. 決勝戦はハイツ1番コートで行います。FBS福岡放送さまに放映権があるため、その他報道各社はFBS専用エリアには立ち入らないようお願い致します。
    雨天時はハイツ屋内6番コートで行います。スタッフの指示に従い、決められた場所から撮影お願い致します。
  6. ハイツ2番コート、緑地コート(6-12番)、ハイツ屋内コート(雨天時:決勝戦以外)に立ち入っての撮影はオフィシャルカメラマン、及び事前申請のあった場合のみとさせて頂きます。
    事前申請は、○○選手の特集を企画してる、等に限らせて頂きます。メディア受付に、撮影前日までにお申し込みください。その後、レフェリーに申請、本人、相手選手の許可を取ります。尚、中に入られた場合は、チェンジコート時または試合終了時以外はコートから出られません。またそのコートはもちろん、隣のコートの試合の妨げにならないよう、充分お気を付けください。
  7. 選手個人へのご取材は、事前申請が必要な場合がございます。
    日本車いすテニス協会HPにてご確認ください。http://jwta.jp/coverage/
    (尚、国枝選手・上地選手につきましては、所属先様より個別インタビューに応じることが難しい(例外を除く)旨のご連絡が来ております。囲み取材でご対応くださいますよう、予めご了承くださいませ。)
  8. 通訳につきまして
    当大会はたくさんのボランティアの方々によって運営されておりますので、プロの通訳は平日は常駐しておりません。外国人選手にインタビューされる際は、ご自身で、または各社通訳ご同伴でお願いいたします。通訳ボランティア同行がご必要な場合は、メディア担当スタッフにお申し付けください。
    尚、27日(土)28日(日)のインタビューブースでの囲み取材時はプロの通訳が在席しております。
  9. 大会期間中ご不明な点はメディア担当:尾崎 にお尋ねください。大会の歴史、概要等に関しましては大会HPに載せておりますのでご参照ください。https://japanopen-tennis.com/all-media
  10. 22日の取材は選手所属先によるもののみとさせて頂いております。お問合せ下さい。

大会期間前・その他お問い合わせは、事務局までお問い合わせください。
皆様のご協力を何卒お願い致します。

お問合せ

飯塚国際テニス大会 事務局
柳瀬葉子

〒820-0011 福岡県飯塚市柏の森6番地1
TEL:0948-25-7144/FAX:0948-25-7520

お問合せはこちらから


大会期間中(23日より27日)の取材に関してのお願い

取材関係の皆様には誠に申し訳ありませんが常設スタンドの構造上、撮影場所が非常に狭くなっております。事情をご理解いただきまして決められた場所での撮影をお願い申し上げます。
23 日より27 日の取材に関してのお願い

大会決勝戦(28日)の取材に関してのお願い

取材関係の皆様には誠に申し訳ありませんが、決勝戦の撮影場所はFBS テレビカメラが入るので常設スタンド側では撮影できません。事情をご理解いただきまして2番コート側での撮影をお願い申し上げます。
尚、観覧席に着座しての撮影は可能です。
大会決勝戦の取材に関してのお願い


ダウンロード資料

23日~28日の取材上のご注意(PDF) 23日~27日の取材に関してのお願い(PDF)
決勝戦の取材に関してのお願い(PDF)
DutchEnglishGermanJapaneseKorean
日本車いすテニス協会
九州車いすテニス協会
シーズアスリート
最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP