大会資料

大会の沿革

大会について
1976年 アメリカ カリフォルニアで車いすテニスが始まる。
1982年
  • 車いすテニスが神奈川県・大阪市・福岡県飯塚市で紹介される。
  • 国際障害者レジャー・レクレーション・スポーツ大会(於:愛知県蒲郡市)で外国選手と対抗試合。
1983年 脊髄専門病院・総合せき損センター(飯塚市)の体育館において車いすテニスの練習が始まる。
1984年 九州車いすテニスクラブ設立(会長:角田信昭)
1985年
  • 4月12日~14日 飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニスクラブ、飯塚ロータリークラブ)
  • 日本で初めての車いすテニス・クリニックを開催
1986年
  • 九州車いすテニス協会を設立(会長:麻生 泰)(日本初の車いすテニス協会)
  • 5月23日~25日 第2回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会、以後同協会が主催となる)
1990年
  • 5月23日~27日 第6回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 世界ランキング認定大会に指定される。
  • 全国身体障害者スポーツ大会(福岡国体)で車いすテニスが公開競技種目となる。
1992年 筑豊ハイツに車いすトイレと車いすで使えるシャワー室が完成
1994年
  • 5月25日~29日 第10回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 10回記念事業として、フォーラム、コンサート、テニス・クリニックを開催
  • 10回記念事業としてテニス・キャンプを開催(目的:アジアの車いすテニスの技術向上と車いすテニス指導者の育成)
2002年
  • 5月15日~19日 第18回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 日本人初の快挙 斎田悟司選手優勝
  • ジョン・グリア選手(米)クリスティン選手(英) 筑豊ハイツにて挙式催
  • 飯塚国際車いすテニス大会創設者の一人、星野治氏(51歳)逝去
2003年 2月 西日本スポーツ賞(体育功労賞) 受賞
2004年
  • 1月 特定非営利活動法人承認される。NPO法人九州車いすテニス協会として新スタート(理事長:麻生泰)
  • 5月11日~16日 第20回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • スーパーシリーズに昇格
  • 11月 角田信昭氏(前大会実行委員長)ソロプチミスト財団社会ボランティア賞受賞
2006年
  • 飯塚国際車いすテニス大会サポーターズクラブ導入
  • 5月16日~21日 第22回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 男子シングルスで、国枝慎吾選手が初優勝
2009年
  • 5月8日 25周年記念シンポジウム開催
  • 5月19日~24日 第25回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 決勝戦をインターネットで生中継
2013年
  • 5月29日~6月2日 第29回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 女子シングルスで、上地結衣選手が初優勝
2014年
  • 5月13日~18日 第30回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 30周年記念シンポジウムを開催
  • 男子シングルスで国枝慎吾選手、女子シングルスで上地結衣選手が優勝
2016年
  • 3月 九州車いすテニス協会 福岡県知事賞 受賞(車いすテニスの普及・振興等)
  • 5月17日~22日 第32回飯塚国際車いすテニス大会開催(主催:九州車いすテニス協会)
  • 10月 九州車いすテニス協会 文部科学大臣賞 受賞(スポーツの普及・振興)
2017年
2018年
DutchEnglishGermanJapaneseKorean
日本車いすテニス協会
九州車いすテニス協会
シーズアスリート
最近の記事 おすすめ記事
  1. 飯塚国際車いすテニス大会の始まり
アーカイブ
PAGE TOP